« 面取りの話 | トップページ | 自作車両ツール ToolTrain110の仕様について »

最近の話(Sep. 2016)

ブログの更新は滞っておりますが、今のところ元気にやっております。

住環境が変わりまして、自宅に固定回線がないのでVRM Onlineにログインできないという体たらくをしております。Twitterくらいなら、スマホやタブレットでできるのですが、通信容量的にVRM OnlineまではムリだろうということでVRMはちっとも触っていません。

Vrm107

自作車両の107系は、ときどき、思い立った時に少しずつ進めています。最近、前面上部の行き先表示器を取り付けました。超スローペースです。

<VRM5 14+について>

新規の橋上駅舎が気になるところです。

VRM Onlineでの販売体系に関する意見も見られます。私が思うには、これからVRMを始められる方には

  1. VRM Onlineのアカウントを取得する(1500円)
  2. VRM5パッケージを、ステップアップキャンペーンを利用して購入する

以外の方法をお勧めする理由はありません。

私はVRM Onlineのユーザーですが、VRM4からバージョン5への移行期に、

  • VRM OnlineはVRM4の全パッケージの部品・車両を移行できる
  • VRM5は互換パッケージのリリースまで、それまで使えていた部品・車両が使用できない

という差異があったため、VRM Onlineを選択したのでした。

<最近見た映画の話>

The Jungle Book (Disney)
8月上旬にタイに滞在していたのですがその行きの飛行機で。最後まで見ましたがあまり面白くありませんでした。原作のほうが良かったと思います。

君の名は。
入れ替わりモノのSFにしては、新しい内容でした(自分の経験ではそう思います)。高校生以上なら、大人まで、楽しめるし感動できるお話だと思います。

電車(気動車)に乗るシーンもあります。鉄道マニアならではの楽しみ方(ストーリー上重要な気づき)もあるかもしれません。

シン・ゴジラ
オペレーションルームのBGMはまんまエヴァでした。登場人物たちが、未確認巨大生物についた「ゴジラ」という名前に意外そうな反応をするので、旧作「ゴジラ」等はかの世界線ではなかったことになっているようです。

こちらも鉄道シーンがいろいろ出てきます。庵野秀明氏も鉄道ファンみたいです。

ゴジラ襲来後の日本政府の様子が緻密に(ある意味、リアルに)描写されているのに対し、ゴジラとの最終決戦は「いかにもフィクション」というような、出来すぎな感じがしました。

|

« 面取りの話 | トップページ | 自作車両ツール ToolTrain110の仕様について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の話(Sep. 2016):

« 面取りの話 | トップページ | 自作車両ツール ToolTrain110の仕様について »