« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の記事

撮る夫くんNX 準備中

VRMNXでも「撮る夫くん」が使えるように,スクリプトを新しく書き起こしています。

撮る夫くんは,VRMビュワーの新たな表現の試みとして,ハンディカメラで撮影した映像が手ブレしているようなカメラの動きをスクリプトを使って模擬したものです。このほか,ズーム&パンの同時操作ができます。

デモがこちらです。(手ブレしているので映像酔いに注意。)

これを作るにあたって,人間の手ブレの動きがどういうものなのか知りたかったので調べたのですが,世の中手ブレを「補正」したい人ばかりで,リアルな手ブレの動きを作り出したい人はそうそういなかったようです。したがって撮る夫くんは超適当な手ブレシミュレーションにすぎませんが,乱数を三角分布から生成するなどNX時代のスクリプトにふさわしい,ちょっと高級な内部機構になってます。

このあと,地上カメラとは一味違う追尾モードを実装したら公開したいなと思っています。

  • 先頭・後尾だけでなく中間車両も追尾可能
  • 追尾中,水平面上のカメラ回転だけでなく上下にもカメラが動きます

旧バージョンではできなかった,「追尾中も手ブレ」も実現する予定です。

続きを読む "撮る夫くんNX 準備中"

| | コメント (0)

VRMNXでnumpyが使いたい

ベクトル計算をすることを考えると,list型をベタベタ計算するよりは,numpyのほうが便利そうです。

しかしVRMNXのpythonエンジンにはnumpyがインストールされていません。かといって,インストールの仕方も分かりません。

手元のPython3.7環境のsite-packageのnumpyをVRMNXのそこへ移植してみたり,
os.system('pip install numpy')をVRMNXからやってみたり,
色々試したけれどダメでした(予想通り)。

なにかご存知の方がいらしたら教えてください。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »