« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の記事

VRMNXのレイヤーベース地形を使ってみよう(前編)

(5/18 23:43 テクスチャーを修正)
(5/19 21:15 一部リライト)

VRMNXの新しい機能のひとつに「レイヤーベースの地形」があります。これを使って海のようなシーナリーを試作してみました。

Gtex_lay

Gtex11_sea

Gtex11_sea2

ごらんのように,微妙なグラデーションの塗り合わせができるので表現の幅が広がります。

レイヤーベース地形では,4枚のレイヤーの「透明度(0.0~1.0)」に基づいて最大4つのテクスチャーを合成することができます。(公式マニュアルも参照。図がわかりやすい。)ここでは濃いブルーのレイヤーの上に,薄いブルーのテクスチャを乗せて海面を表現しています。要するに薄いブルー境界部分は半透明になっていてお互いの色,模様がブレンディングされます。

VRM5の地形ブレンディングは,グループの違うテクスチャパターンの境界が滲むような感じでブレンドされる仕様でしたが,要するにNXでは,レイヤーの違うテクスチャ同士を半透明に重ねてブレンディングする感じです。

レイヤーが4層ということは,VRM5では6種類(または12種類)の地面種別をブレンディングの効くものとして使えていたけど,NXでは4種類に減ってしまうの?と気になりますよね。

互換モードを使わないのであれば,実質的にYESではないかという気がしています。

でも,できるだけたくさんの地面種別(草,水,砂利,etc)がなんとかうまいことブレンドしてくれるような,うまい4レイヤーの使い方がないか。

4色定理に基づいた方法をひとつ考えたので紹介します。

4色定理

  • (飛び地などのない普通の地図に限って言えば)地図は,かならず4色で塗り分けられる
  • 平面グラフは,4彩色可能である

続きを読む "VRMNXのレイヤーベース地形を使ってみよう(前編)"

| | コメント (0)

VRMNXのPythonではイマイチ空が飛びにくい

先日,冗談半分で以下の漫画を紹介した。

Python

どういうことかというと,Pythonというプログラミング言語は,インターネットで様々な「モジュール」が公開されていて,様々な拡張機能を簡単に追加することができるということを言っている。 antigravity(反重力機構の意味)というモジュールまで何でもあるので,これをimportするだけで空も飛べちゃうよ,という,洒落になっている。

(ちなみにこのantigravityモジュールは実在するので読者諸兄もimportしてみてほしい。)

Pythonはプリインストールのモジュール以外にも,様々な方法でモジュールを追加することができる。その大半は無料で提供されている。

はずなのだが。

続きを読む "VRMNXのPythonではイマイチ空が飛びにくい"

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »